政治

秋田知事、配備反対できぬ 地上イージス巡り態度を軟化

 秋田県の佐竹敬久知事は4日の同県議会での答弁で、政府が目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の同県への配備について、予定地は陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)内であるとした上で「国の専権事項であり、反対できない」と表明した。これまで受け入れに反対姿勢を示していた佐竹氏が態度を軟化させた形だ。

 佐竹氏は今月中に防衛省に要望書を提出する方針も明らかにした。「地元への理解を深め、県や秋田市の要望にしっかり応えるよう岩屋毅防衛相宛てに提出する」と語った。

 政府は、新屋演習場と陸自むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)を配備候補地としている。


(共同通信)