国際

在米EU代表部の地位回復 再び各国大使館同等に

 【ブリュッセル共同】米政権が昨年、欧州連合(EU)の在米大使館に当たるEU代表部を各国大使館と同等の地位から、一般国際機関の代表部並みに格下げした問題で、米国務省はEU代表部の地位を再び各国大使館同等に戻した。ブリュッセルのEU米代表部が4日発表した。

 EU欧州委員会報道官は同日の会見で「米国の決定を喜んでいる」と述べた。

 ソンドランドEU米代表部大使は、在米EU代表部の新大使にスタブロス・ランブリニディス氏(ギリシャ元外相)を迎えるに際し「EUは極めて重要な組織で、米国の最も価値あるパートナーの一つ」と持ち上げ、地位を戻す決定を「喜ばしい」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス