国際

国連部会に人権侵害訴え ゴーン被告の家族弁護士

 【パリ共同】会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)の家族の弁護士は4日、被告の長期勾留を巡り国連の恣意的拘束に関する作業部会に人権侵害を申し立てたと明らかにした。

 弁護士は記者会見で「勾留やその(厳しい)環境は自白を強制するためのものだ。推定無罪の原則は最初から踏みにじられてきた」と述べた。

 ゴーン被告は東京拘置所で100日以上勾留が続いている。被告の妻キャロルさんらは欧米メディアのインタビューで、被告の長期勾留は非人道的だと訴えていた。


(共同通信)