国際

英王室「中傷やめて」 ネット投稿対策で指針

 【ロンドン共同】英王室は4日、ソーシャルメディアの運営に関する指針を公表し、他人への中傷を含め内容が不適切だと判断した投稿コメントについて、王室アカウントから排除する方針を明らかにした。ウィリアム王子の妻キャサリン妃と、ヘンリー王子の妻メーガン妃を侮辱するコメントが相次いでいることが念頭にあるとみられる。

 王室はアカウント上に「安全な環境」をもたらすのが指針の目的だとし、投稿者に「礼儀と思いやり」を要請。その上で「他人を中傷、侮辱したり、人種や国籍で差別したりするコメント」などについて、王室の判断で削除する可能性があると警告した。


(共同通信)