国際

米、賞金1千億円受け取りへ 宝くじ当選者が申告

 昨年10月、15億ドルの大当たりが出た米サウスカロライナ州の宝くじ売り場(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】全米規模の数字選択式宝くじ「メガミリオンズ」の運営当局は4日、昨年10月に出た賞金15億ドル(約1680億円)の大当たり(ジャックポット)の当選者が名乗り出たと発表した。賞金総額は30回の分割で毎年受け取ることになるが、当選者は即金を選択したため、総受取額は約8億7800万ドル(約980億円)となる。単独当選者への支払額としては米史上最高としている。

 当選者は南部サウスカロライナ州の住民で、匿名を希望。当選者は同州に6100万ドルの税金を納めることになる。


(共同通信)