政治

立民茨城、藤田氏の擁立見送りへ 元経産職員の新人を検討

 藤田幸久参院議員

 立憲民主党茨城県連は、夏の参院選茨城選挙区(改選数2)に立民からの出馬を希望し、所属する国民民主党に離党届を提出した現職藤田幸久氏について、同選挙区で擁立しない方向で最終調整に入った。同選挙区の候補者は30代で元経済産業省職員の新人男性を軸に検討。こうした方針を既に立民党本部に伝えた。藤田氏は立民の比例代表候補になるとの見方もある。

 藤田氏は2007、13年の参院選茨城選挙区で旧民主党から2期連続当選した。

 立民県連関係者によると、候補者は国民民主や連合茨城の支援を得やすい人物を念頭に選定を進め、藤田氏擁立は国民民主の反発を招くと判断した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス