芸能・文化

「人間の味だけで勝負」 ゴリパラ見聞録新作DVD

 福岡の人気番組「ゴリパラ見聞録」の新作DVDをPRする(左から)斉藤優、ゴリけん、矢野ペペ=東京都内

 福岡発のローカル番組「ゴリパラ見聞録」の8作目となるDVDの発売記念イベントが東京都内で開かれ、福岡からお笑いタレントのゴリけん、お笑いコンビ「パラシュート部隊」(斉藤優、矢野ペペ)が駆け付けた。

 日本全国どこへでも1泊2日で出掛けていく行き当たりばったりの番組は、2009年にスタート。家庭の内情や弱さをさらけ出すスタイルが受け、今では全国17局にネットが拡大している。

 約240人の「キッズ」と呼ばれるファンと、特典映像の香港・マカオの旅を鑑賞した。斉藤は「番組9年で47都道府県を巡った。全員40代でフレッシュ感は無く、人間の味だけで勝負している」としつつ、「言葉が通じない海外で開始当初のような緊張感を味わった。追い込まれた人間模様が見どころです」とアピール。

 昨夏は、福岡市の伝統行事・博多祇園山笠の「飾り山」と呼ばれる山車に3人の人形が飾られる快挙を果たした。矢野は「『いつかは飾り山』とボケみたいに言っていたのが、実現してうれしかった」と振り返る。

 かつては地元タレントを起用・育成していた福岡のテレビ局にも、東京から大物を呼ぶ番組作りの波が押し寄せているという。ゴリけんは「福岡に黒船襲来ですよ。また、視聴率がいいから落ち込むんです…」と弱音を吐きつつも、「弱ったり困ったり、これからもありのままを見せるだけです」と前を向いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス