政治

桜田五輪相、答弁ちぐはぐ 言い間違いも、野党はいら立ち

 桜田義孝五輪相は5日の参院予算委員会で、2020年東京五輪・パラリンピック大会の関連予算に関する質疑で、ちぐはぐな答弁や言い間違いを繰り返した。即答できず、秘書官から説明を受ける場面も多く、安倍晋三首相は心配そうに見守った。質問に立った立憲民主党の蓮舫氏は「この大臣で大丈夫か」と首相に詰め寄り、いら立ちを隠さなかった。

 桜田氏は、大会の開催経費1兆3500億円を「1兆3500円」と述べるなど、たびたび「億」を言い忘れた。

 五輪のテロ対策を問われたが言いよどみ、委員会は紛糾。野党は、秘書官から助言を受ける桜田氏に「もう辞めた方がいい」と批判した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス