政治

立憲民主が参院野党第1会派へ 国民民主、藤田氏の除名答申

 国民民主党倫理委員会は5日、立憲民主党への入党届を1月下旬に出した藤田幸久参院議員(茨城選挙区)について、除籍(除名)処分を妥当とする答申書を平野博文幹事長に提出した。6日の総務会で除名を正式決定後、国民の参院会派が週内に藤田氏の会派離脱手続きを行う構え。立民会派が衆院に加えて参院でも野党第1会派として与党との交渉窓口となる見通しだ。

 藤田氏の扱いが1カ月以上、保留となる異例の事態が続いていた。立民会派に藤田氏が加わると28人。1減で27人となる国民会派を逆転する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス