国際

女性議員、日本は165位 G20最低、政治参加進まず

 【ジュネーブ共同】世界の国会議員が参加する列国議会同盟(本部ジュネーブ)は5日、8日の国際女性デーを前に、2018年の各国議会の女性進出に関する報告書を発表した。193カ国の中で日本は前年より7位下げ、165位だった。

 先進7カ国(G7)では日本以外に百位台の国はなく、中国、ロシアなどの新興国を加えた20カ国・地域(G20)でも日本は最下位。安倍政権が女性活躍推進を掲げながら、女性の政治参加が進まない現実が浮き彫りになった。

 一院制の議会または下院で女性議員が占める割合を比較。世界全体の女性議員の割合は24・3%で、1995年から13ポイント上昇した。


(共同通信)