経済

NY株小幅続落、13ドル安 米中協議巡り様子見姿勢

 ニューヨーク証券取引所のトレーダーたち=5日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は小幅続落し、前日比13・02ドル安の2万5806・63ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は1・21ポイント安の7576・36と続落した。

 米中貿易協議の行方を見極めたいとの様子見姿勢から上値が重かった。ただ、5日発表された昨年12月の米新築住宅販売戸数と、米サプライ管理協会(ISM)による2月の非製造業景況指数がいずれも市場予想を上回り、相場を下支えした。

 個別銘柄では、貿易摩擦の影響を受けやすいとされる建設機械のキャタピラーが下げた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内