政治

統計、首相はさらなる調査否定 根本厚労相「再発防止を徹底」

 参院予算委で答弁する安倍首相。左は根本厚労相=6日午前

 毎月勤労統計の不正問題を巡り、安倍晋三首相は6日の参院予算委員会で、2015年に調査方法に関する「問題意識」を厚生労働省幹部に伝えた中江元哉・元首相秘書官について「中江氏の対応は至極当然だ」と述べた。国民民主党の大塚耕平氏は「厚労省の特別監察委員会は中江氏から話を聞いていない。再追加調査をすべきだ」とただしたが、首相は応じなかった。

 不正問題を再調査した監察委は先月、追加報告書をまとめ、組織的隠蔽を再び認定しなかった。自民党の太田房江氏は不正問題に関し「厚労省の責任の欠如は甚だしい」と指摘。根本匠厚労相は「再発防止策を徹底する」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス