社会

大津中2いじめ訴訟で控訴 賠償命令の元同級生1人

 2011年に大津市の市立中2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が加害者側の元同級生3人らに計約3850万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大津地裁に計約3750万円の賠償を命じられた元同級生2人のうち1人が6日、判決を不服とし控訴した。

 2月19日の地裁判決は、元同級生2人による顔面の殴打や、ハチの死骸を食べさせようとするなどのいじめが男子生徒を精神的に追い詰め、自殺の原因になったと認定。強い孤立感や無力感を抱いた生徒が自殺することは一般的に予見できたと判断した。


(共同通信)