スポーツ

南米選手権、海外組は「難しい」 森保監督、欧州視察から帰国で

 欧州視察から帰国し、取材に応じるサッカー日本代表の森保監督=6日、東京都内

 サッカー日本代表の森保一監督が6日、約2週間の欧州視察から帰国して東京都内で取材に応じ、6月にブラジルで開幕する南米選手権への海外組招集について「非常に難しい。クラブ側がノーと言えば招集はできない」との見通しを示した。

 日本は招待参加でクラブに派遣義務はない。監督も視察先で感触を探ったが「派遣は難しいというクラブが多かったのは間違いない」と明かした。新戦力を試す機会になりそうで、22日にコロンビア、26日にボリビアと対戦する国際親善試合もアジア・カップとは違う顔触れをテストする。

 欧州滞在中はドイツなどを回り、日本選手や所属先の関係者と関係を深めた。


(共同通信)