政治

統計委、厚労省の追加報告を批判 不正「分析、評価なし」

 東京・霞が関で開かれた総務省統計委員会=6日午後

 総務省統計委員会は6日、毎月勤労統計の不正を巡り、厚生労働省の特別監察委員会の追加報告書を批判する意見書を公表した。「当事者がどういう理由で不適切処理を始めたのか、分析も評価もなく、情報が著しく不足している」などと指摘し、厚労省にさらなる説明を求めた。報告書を「不十分で身内に甘い」と非難する野党に続き、統計の専門家からも異論が上がった形だ。

 意見書には「(不正の)重大性に対する認識が不足している」といった厳しい言葉が並んだ。ただ、統計委の西村清彦委員長は記者団に「あくまで技術的な情報提供を求めるものだ」と述べた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス