経済

世界経済、19年以降は減速 OECD予測、貿易摩擦で

 【ジュネーブ共同】経済協力開発機構(OECD)は6日、経済見通しを発表し2019年と20年の世界の実質成長率をそれぞれ3・3%、3・4%と予測した。18年の3・6%から減速する。

 米中貿易摩擦に伴い、中国やユーロ圏の経済にブレーキがかかるのが理由だ。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感も重荷となる。貿易摩擦に関し、米中間で改善が図られたとしても米EU間などで生じるリスクがあると指摘した。

 日本は低成長が続く。19年が0・8%で18年の0・7%からわずかに上げるものの、20年には0・7%となる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス