政治

拉致被害者家族が訴え 「絶対に制裁緩めないで」

 北朝鮮による拉致被害者家族会は6日、安倍晋三首相との面会後、国会内で記者会見した。横田めぐみさんの弟、拓也さんは2月末の米朝首脳再会談について、拉致問題の解決へ具体的進展がなく残念だとした上で「日本は絶対に制裁の手を緩めないという毅然とした態度を持ってほしい」と訴えた。

 日朝首脳会談に関しては「全ての被害者の即時一括帰国がない限り、会談はしないということを堅持すべきだ」と強調した。

 めぐみさんの母早紀江さんは、日朝首脳会談が実現すれば「首相から、被害者家族がどれだけ長い間悲しみ、被害者がひどい思いをしたかをはっきりと話してもらいたい」と要望した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス