芸能・文化

森山加代子さんが死去 「白い蝶のサンバ」などの歌手

 死去した森山加代子さん

 「白い蝶のサンバ」などのヒット曲で知られる歌手の森山加代子(もりやま・かよこ、本名林紀代子=はやし・きよこ)さんが6日午後4時51分、がんのため東京都品川区の病院で死去した。78歳。北海道出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は夫林正和(はやし・まさかず)氏。

 札幌市のジャズ喫茶でスカウトされ、1960年に「月影のナポリ」でデビュー。「メロンの気持」「じんじろげ」「パイのパイのパイ」など、洋楽のカバー曲やコミカルな歌で人気を得た。阿久悠さんが作詞し、早口のような歌い出しの「白い蝶のサンバ」(70年)が大ヒット。NHK紅白歌合戦に4回出場した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス