国際

WWF監視員が拷問か アフリカの密猟者、独調査

 【ベルリン共同】世界自然保護基金(WWF、本部スイス)が訓練し、給与を払う密猟監視員らがアフリカやアジアで密猟容疑者を拷問した疑惑が浮上し、WWFのプロジェクトを支援するドイツ環境省が調査に乗り出すと明らかにした。DPA通信が6日、報じた。暴行され、死亡したケースもあったという。

 米ニュースサイト「バズフィード」は4日、過去数年にわたって監視員が拷問を行ってきたと報じた。拷問を受けたのは地元住民とみられる。アフリカ・カメルーンの国立公園近くでは2012年、複数の監視員が拘束した男性を殴っていたと米国の研究者が証言。


(共同通信)