政治

自民党、衆院選公約9割に成果 参院選へ検証

 自民党本部=東京・永田町

 自民党は7日、公約・政策等評価委員会(委員長・岸田文雄政調会長)の会合を国会内で開き、2017年衆院選で掲げた257項目の公約のうち、約9割に当たる240項目が着実に実行され、成果を上げているとの検証結果をまとめた。

 岸田氏は会合後、詳細な検証を行うのは党として初めての取り組みだと記者団に強調。「参院選の公約につなげていきたい」と語った。

 ただ、個別政策の評価は公表しなかった。新藤義孝政調会長代理は非公表の理由について「内部資料であり、党内で目指す方向性を一致させるのが主眼だ」と説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス