国際

対日貿易赤字「大きすぎ」と不満 トランプ氏、対米投資の拡大要求

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで開かれた雇用問題に関する会合で、対日貿易赤字が「大きすぎる」と不満を漏らし、米国内での生産を増やすよう対米投資の拡大を要求した。

 2018年のモノの対日貿易赤字は676億3千万ドル(約7兆6千億円)で、中国、メキシコ、ドイツに次ぐ4位。日本との新たな貿易交渉では、貿易不均衡の是正に向けて圧力を強めそうだ。

 トランプ氏は「安倍晋三首相が日本は少なくとも七つの大きな工場を米国に移すと話していた」と説明した。日本企業による工場の建設計画があることを示唆した上で「もっと工場を移すべきだ」と促した。


(共同通信)