くらし

リクシル、災害時対応のトイレ 少量の水で洗浄

 リクシルが発売する「レジリエンストイレ」

 住宅設備メーカーのLIXIL(リクシル)は7日、災害時に普段と同じように使える「レジリエンストイレ」を開発し、4月1日に発売すると発表した。断水しても、外部からの少量の水で洗浄できる。避難所となる学校などの施設への設置を想定している。

 地震などで避難生活を強いられた際、トイレに関して衛生面などで不安を抱える人が多いことに対応した。通常時は1回の洗浄で5リットルの水を使用し、災害時にはタンクのふたを外して内部の構造を切り替えることで水量を1リットルに抑えられる。価格は19万4400円で、別に取り付け費用が必要となる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス