国際

赤旗記者射殺40年で追悼行事 ベトナム北部、取材仲間ら参加

 取材中に射殺された高野功記者の記念碑に缶ビールを供える中村梧郎さん=7日、ベトナム北部ランソン(共同)

 【ランソン共同】1979年の中越戦争を取材中、中国との国境に近いベトナム北部ランソンで中国軍に撃たれて亡くなった日本共産党機関紙「赤旗」(現・しんぶん赤旗)の高野功記者=当時(35)=の死去40年に合わせた追悼行事が7日、ランソンで開かれた。日本の記者仲間ら約20人が参加し、高野さんを悼んだ。

 当時、高野さんが撃たれた場所の近くにいた報道写真家、中村梧郎さん(78)=さいたま市=らが、射殺現場とされる場所や、高野さんの名前が刻まれた記念碑を回った。


(共同通信)