スポーツ

スポーツ界、女性地位向上道半ば 選手活躍も役員数まだ少なく

 競技団体の女性理事を増やす方策について話すJOCの山口香理事=2月27日、東京都北区

 スポーツ界では女子選手の活躍が目覚ましいが、競技団体の運営を担う役員の数はまだ少ない。8日の国際女性デーが呼び掛ける地位向上は道半ばで、関係者は指導的立場に就く女性の増加を目標に知恵を絞る。

 スポーツ庁や日本オリンピック委員会(JOC)は2017年5月、東京五輪・パラリンピックが開催される20年までに競技団体の女性役員比率を30%に引き上げる方針をまとめた。だが、日本スポーツ協会の調査によると、昨年10月時点で加盟団体の女性役員の割合は11・2%にとどまる。

 JOCは18年度からスポーツ庁の委託を受け、女性役員の育成、発掘に着手する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス