政治

大阪知事市長ダブル選へ 入れ替わり、都構想案否決で

 都構想の制度案を作る大阪府、大阪市の法定協議会後、記者団の取材に応じる松井一郎知事(左)と吉村洋文市長=7日午後、大阪市役所

 大阪都構想の制度案を作る大阪府、大阪市の法定協議会が7日、市役所で開かれ、11月24日の住民投票実施を盛り込んだ日程案が公明党などの反対多数で否決された。松井一郎知事と吉村洋文市長は住民投票を巡る交渉が決裂したと判断、事態打開を目指して辞職し、4月7日投開票の統一地方選前半戦に合わせ、入れ替わって市長、知事のダブル選に踏み切る。

 法定協終了後、松井氏は「このままでは死んでも死にきれない。もう一度民意を聞く」と記者団に述べた。両氏は8日、府市両議会が閉会する3月中旬の日付を記した辞職願をそれぞれ議長に提出、記者会見で立候補を正式に表明する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス