芸能・文化

原稿一部欠けたまま刊行 故栗本薫さんの「天の陽炎」

 栗本薫さんの「天の陽炎」の表紙

 2009年に56歳で亡くなった作家栗本薫さんの小説「天の陽炎―大正浪漫伝説」(角川文庫)が07年の発売時から、原稿の一部が欠けたまま刊行されていたことが8日、分かった。間違って保存した原稿のファイルを編集者に送信したためとみられる。多作で知られ、刊行後に作品を読み返すこともなかったという栗本さんらしい、珍しい手違いだ。

 欠けた部分を補った完全版として、8日配信開始の「栗本薫・中島梓 傑作電子全集」(小学館)の第19巻に収録された。


(共同通信)