政治

復興庁後継組織の設置を明記 政府、基本方針の見直し決定

 閣議に臨む(左から)安倍首相、麻生財務相、河野外相、根本厚労相=8日午前、首相官邸

 政府は8日の閣議で、東日本大震災からの復興に関する基本方針見直しを決定した。2020年度末で廃止となる復興庁の後継組織設置を初めて明記。具体的な形態は示さなかったが、内閣府への移管を軸に検討が進む見込みだ。津波被災地で心のケアなどソフト事業を21年度以降も続け、東京電力福島第1原発事故の対応は中長期的に国が責任を持つとした。

 首相直属の機関である復興庁の後継を巡り、見直しでは「省庁縦割りを排し、政治の責任とリーダーシップの下で復興を成し遂げるための組織を置く」と言明。具体像は「必要な事業を確実に実施できるよう検討する」との記述にとどめた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス