国際

記者や支援者の監視リスト作成 移民集団巡り米国境警備当局

 【ロサンゼルス共同】中米諸国から米国に向かっていた移民集団(キャラバン)を巡り、米国境警備当局が日本出身者を含む取材していたジャーナリストや支援の人権活動家ら約60人のリストを作成、「組織主宰者」「扇動者」などと区別し行動を監視していたことが7日までに明らかになった。米メディアが報じた。

 データベースにはニューヨーク在住の報道写真家ゴウ・ナカムラさん(41)=大分市出身=も含まれていた。当局は「職員を攻撃する情報を持っている可能性があるため」と釈明しているが、議会などから批判が殺到。管轄する国土安全保障省の監察官も調査に乗り出した。


(共同通信)