国際

ファーウェイで対抗措置を示唆 中国、対話重要とも指摘

 記者会見する中国の王毅国務委員兼外相=8日、北京(共同)

 【北京共同】中国の王毅国務委員兼外相は8日、北京で開催中の全国人民代表大会(全人代)に合わせて記者会見し、米国が政府機関で中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製品の使用を禁じたことについて「政治的な圧力」だと非難し、対抗措置を示唆した。一方、貿易摩擦を念頭に米中間の対話が重要との認識も示した。

 ファーウェイについて「中国企業の合法的な権益を断固として守る」と強調。ファーウェイが、禁止措置は違憲だとして米裁判所に提訴したことについては「法律を使って権益を守ることを支持する」と述べた。


(共同通信)