経済

日航傘下の新LCCはジップエア バンコクやソウル就航へ

 「ZIPAIR Tokyo」のロゴを発表した西田真吾社長=8日午後、東京都内

 日本航空傘下で、中長距離国際線に就航予定の格安航空会社(LCC)の社名が「ZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)」に決まった。準備会社のティー・ビー・エル(千葉県成田市)が社名を変更し8日、発表した。成田空港を拠点として2020年、タイ・バンコクや韓国・ソウルに就航する方針も明らかにした。

 ブランド名は「ZIPAIR(ジップエア)」を使う。太平洋を横断する路線や欧州路線への就航も検討する。日航は、国内線や近距離国際線を運航するLCCのジェットスター・ジャパンに出資している。ジップエアの就航で、カバーする市場を広げたい考えだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス