政治

賃金統計、総務省が厚労省を批判 「必要な資料得られず」

 厚生労働省の賃金構造基本統計の不正問題を巡り、総務省行政評価局が8日公表した報告書は、検証に必要な資料が十分に得られなかったと批判した。その上で要因を「統計部門幹部、統計担当者、(実際に調査する)地方機関の3層構造のため相互でコミュニケーションを欠いた」と分析し、組織の意思疎通の在り方を問題視した。

 報告書は、厚労省から多くの資料提出を受けたが、得られなかった「基礎的なデータ」があったと説明。都道府県労働局や労働基準監督署が、実際にどのように統計調査に取り組んだのか解明が不十分になったとした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス