経済

ホシザキの米子会社で問題か 取引巡り、監査法人に通報

 業務用厨房機器大手のホシザキは8日、米国の製造販売子会社ホシザキアメリカ(ジョージア州)で、取引などを巡る問題が生じた疑いがあると明らかにした。会計監査手続きの過程で監査法人に通報があったという。現地の法律事務所に調査を依頼した。通報者保護を理由に具体的な内容は明らかにしていない。

 ホシザキは国内の販売子会社で不正取引が発覚し、2018年12月期決算の開示を延期している。米子会社の調査が長引けば決算発表が一段と遅れる可能性がある。

 ホシザキは8日、定時株主総会を27日に開くと発表。同総会での決算報告は断念し、承認が得られれば、報告のための総会を後日開く。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス