スポーツ

土俵「女人禁制」で調査委設置 相撲協会

 大相撲の土俵に女性が上がることを禁じる「女人禁制」について、日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は8日、女性と土俵に関する調査委員会を昨年7月に設置したと明らかにし「どのような調査をするかを今後決めていく」と話した。4~5月に第1回会合を開き、検証する見通しという。

 昨年4月の春巡業で土俵上のあいさつを断られた兵庫県宝塚市の中川智子市長と大阪市で面会後、記者団の取材に応じた。委員会には外部の有識者が含まれており、芝田山部長は「調査はするとお約束した」とする一方、「先人から受け継いだ伝統と文化を変えない勇気を持ってまい進すると伝えた」と話した。


(共同通信)