政治

「大義ない」訴えを、大阪 ダブル選で対策本腰

 大阪維新の会代表の松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が互いに入れ替わって立候補するダブル選が、府議選、市議選と同じ4月7日投開票の日程で実施されることになり、対立する各党は9日、それぞれ会議を開き、選挙対策を協議した。公明党大阪府本部では代表の佐藤茂樹衆院議員が「まったく大義がないと訴えてほしい。そういう選挙をむこうが仕掛けてきた」と呼び掛けた。

 立憲民主党府連の辻元清美代表は「クロスやダブルではなく『投げ出し』選挙。維新のやり方は異常だ。市民や府民と連携してボトムアップで民主主義を取り戻す。みんなの候補者を擁立したい」と会議終了後、記者団に語った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内