社会

大阪大、合格発表サイト見られず アクセス集中

 大阪大で9日、一般入試で今年から運用を始めた合格発表の専用サイトが約3時間にわたってつながりにくくなるトラブルがあった。アクセス集中が原因とみられ、合否を問い合わせる電話が大学に相次いだ。

 阪大入試課によると、阪大の2次試験(前期日程)の受験者は7210人で、合格者は3105人。トラブルがあったのは、午前9時から2次試験の合格者を発表した受験生向けの専用サイト。

 担当者は「大変ご迷惑をおかけして申し訳ない。対策を検討し、来年度に備えたい」と話した。

 阪大は午前11時45分ごろに公式サイトでも合格者の受験番号を掲載した。


(共同通信)