芸能・文化

将棋、棋王戦はじっくりの展開に 5番勝負の第3局

 将棋の渡辺明棋王(34)に広瀬章人竜王(32)が挑戦している第44期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第3局は10日午前9時、新潟市の新潟グランドホテルで始まった。ここまで2連勝の渡辺棋王が7連覇を達成するか。棋王奪取を目指す広瀬竜王の反撃なるか。

 注目の大一番は、広瀬竜王の先手番。戦型は渡辺棋王が角道を止め、プロ間で流行中の「角換わり」を避ける展開に。互いに玉を囲い、じっくりと駒組みを進めている。

 立会人は木村一基九段。持ち時間は各4時間で同日中に決着する予定。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス