政治

兵庫・明石市長選に泉氏ら立候補 暴言辞職で出直し、17日投開票

 兵庫県明石市の泉房穂前市長(55)が部下への暴言で辞職したことに伴う市長選が10日告示され、無所属の元市長北口寛人氏(53)、共産党の新人新町美千代氏(71)、無所属泉氏の3人が届け出た。17日に投開票される。

 泉氏は選挙事務所前で第一声を上げ「本当に反省している」と暴言を謝罪。「過去の責任は負い続ける一方、明石のこれからに対する責任も果たしたい」と時折涙ぐみながら訴えた。

 市選挙管理委員会によると、泉氏が当選すると4月の統一地方選で再び任期満了に伴う市長選が実施される。北口氏は「泉氏が当選すれば税金の無駄になる。充実した子育て支援は引き継ぎながら高齢者施策にも力を入れていく」とアピールした。

 新町氏は「暴言は許さない」と述べ、パワハラ根絶を主張した。

 泉氏は2017年6月に「火を付けて捕まってこい」などと市幹部を厳しく叱責した責任を取り、今年2月に辞職。再出馬の表明は告示直前の7日だった。


(共同通信)