社会

太平洋側で暴風警戒 低気圧発達、東北は大雨も

 気象庁は10日、日本の南を低気圧が発達しながら進む影響で、11日は東日本から北日本の太平洋側を中心に天候が荒れ、暴風の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。交通機関の乱れにつながる可能性もある。東北では広範囲で雨が降り、大雨となる場所もある見込み。海上も大しけになる。

 気象庁によると、低気圧は11日朝には関東沿岸まで移動し、さらに三陸沖へ北上するとみられる。東日本の太平洋側では、海岸や河口の潮位が高くなる可能性があり、浸水や冠水に注意が必要だ。北海道では、暴風雪の恐れもある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス