スポーツ

アイスホッケー、日本製紙2連敗 アジア・リーグのプレーオフ決勝

 サハリン戦でゴールを決める日本製紙の上野(左端)=日本製紙アイスアリーナ

 アイスホッケー、アジア・リーグのプレーオフ決勝(5回戦制)は10日、北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナで第2戦が行われ、今季限りで廃部が決まっているレギュラーリーグ4位の日本製紙が同2位のサハリン(ロシア)に2―5で敗れ、2連敗で後がなくなった。

 先手を許す苦しい展開で最終ピリオド後半までに2度、追いつく粘りを見せたが、終盤に勝ち越しを許して力尽きた。

 これが地元での最終戦。第3戦は14日にサハリンの本拠地ユジノサハリンスクで行われる。


(共同通信)