国際

金正男氏殺害、1人起訴撤回 インドネシア人の女性被告釈放

 ドアン・ティ・フオン被告(左)、シティ・アイシャ被告(いずれもマレーシア警察提供・共同)

 【クアラルンプール共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が2017年2月にマレーシアの空港で殺害された事件で、実行犯として殺人罪に問われた女2被告の公判が11日、クアラルンプール近郊の高裁で再開した。検察側は2被告のうちインドネシア国籍のシティ・アイシャ被告(27)について、殺人罪での起訴を取り下げた。同被告は釈放され、記者団に「びっくりしている。とてもうれしい」と語った。

 ベトナム国籍のドアン・ティ・フオン被告(30)の裁判は続く。起訴を取り下げた理由は不明。いずれも捜査段階から無罪を主張している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス