経済

国内初の再エネ専門信託 発電所運営、収益還元

 太陽光発電など再生可能エネルギー事業を専門とする国内初の信託会社「ジェイバリュー信託」(東京)が11日、金融庁から信託業法に基づく免許交付を受けた。全国の再エネ事業者から発電所の運営を受託し、売電による収益の一部を配当として還元する事業を13日から始める。

 東日本大震災以降、太陽光発電は空前のブームに沸いたが、買い取り価格の引き下げなど政策を巡る迷走もあり、市場環境が厳しくなっている。ジェイバリューは信託の仕組みを用いて事業者から発電所を切り離すことで経営悪化や倒産の影響が及ばないようにして、収益の安定的な確保を目指す。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス