国際

バチカンが震災追悼のミサ サンピエトロ大聖堂で祈り

 バチカンのサンピエトロ大聖堂でミサを執り行うコマストリ枢機卿(右)と菅原裕二・法王庁立グレゴリアン大学教会法学部長=11日(共同)

 【バチカン市共同】キリスト教カトリックの総本山バチカンにあるサンピエトロ大聖堂で11日、東日本大震災から8年に合わせた追悼ミサが行われた。同聖堂の名誉司祭長コマストリ枢機卿が執り行い、集まったイタリアの在留邦人らが鎮魂の祈りをささげた。

 参加者が「今も苦しんでいる人たちのために何ができるかを考え、行動に移す知恵と勇気をお与えください」などと日本語のメッセージを読み上げると、大聖堂は荘厳な雰囲気に包まれた。

 ミサでは聖歌隊による復興支援ソング「花は咲く」の合唱も行われた。


(共同通信)