国際

英、EU関税同盟残留20年まで 離脱巡り合意

 11日、フランス・ストラスブールで報道陣の前でポーズを取るメイ英首相(左)とユンケル欧州委員長(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、メイ英首相とユンケル欧州委員長は11日、フランス・ストラスブールのEU欧州議会で会談した。英国がアイルランドとの国境管理問題が解決するまでEU関税同盟にとどまるとする離脱合意案の条項について、2020年末までに代替措置に切り替えるよう英EUが「最善を尽くす」などとする付属文書で合意した。

 メイ氏は同日の記者会見で、この日の合意により離脱合意案に「法的拘束力のある変更」がなされたと強調。12日に行う離脱合意案の英下院採決で可決に持ち込みたい考えだが、代替措置の内容は詰められておらず、先行きは不透明だ。


(共同通信)