経済

米中貿易閣僚が電話会談 首脳会談の日程調整か

 中国の劉鶴副首相(左)、ライトハイザー米通商代表

 【北京共同】中国の劉鶴副首相は12日、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表やムニューシン財務長官と電話会談した。貿易摩擦の解消に向けた合意文書の重要な問題について議論したほか、次回協議の段取りを決めたという。中国国営通信の新華社が伝えた。

 最終決着を目指す首脳会談の日程も話し合ったとみられる。

 両国は3月下旬にも米フロリダ州で首脳会談を開く方向で調整していたが、主張の隔たりが埋まらず、米政府高官は4月にずれこむ可能性を指摘していた。

 中国側はトランプ米大統領が首脳会談の場で交渉を決裂させることを懸念している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス