国際

英EU離脱合意案、再採決へ 議会、結果予断許さず

 フランス・ストラスブールで記者会見するメイ英首相=11日(ゲッティ=共同)

 【ロンドン共同】英下院は12日(日本時間13日未明)、1月に否決した欧州連合(EU)離脱合意案を改めて採決する。メイ英首相は11日、前回反対に回った与党保守党の離脱強硬派を説得するため、離脱条件を定めた合意案を補足する付属文書でEU側と合意した。ただ、強硬派が内容に納得するかどうか採決の行方は予断を許さない。

 否決された場合、メイ氏は下院で13日、EUとの合意がないまま29日に離脱することの是非を問う。さらに結果次第で14日に短期間の離脱延期の賛否を仰ぐ予定。下院の多数は「合意なき離脱」を回避すべきだとの意見で、延期の観測が広がりそうだ。


(共同通信)