スポーツ

聖火、出発地はJヴィレッジ 東京五輪「復興」前面に

 福島県楢葉町、広野町のサッカー施設「Jヴィレッジ」

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は12日、開幕まで500日となった五輪の聖火リレーの出発地を、福島県楢葉町、広野町のサッカー施設「Jヴィレッジ」としたことを明らかにした。東日本大震災で東京電力福島第1原発事故の対応拠点となり、その役割を終えた復興の象徴的な施設をスタート地点とし、大会理念の「復興五輪」の色を前面に押し出した。

 1年後の20年3月12日に古代五輪発祥の地、ギリシャで採火される聖火は、サクラの花びらをモチーフにしたデザインのトーチでリレーされることも関係者の話で分かった。今月中に発表される見通し。


(共同通信)