社会

高2死亡で第三者委設置へ、前橋 いじめ、父親が要望

 群馬県立勢多農林高(前橋市)2年の伊藤有紀さん(17)が2月、いじめがあったことをうかがわせるメモを残して死亡した問題で、同校の福島実校長らが12日、有紀さん宅を訪れ、学校側の対応を遺族に説明した。父親は取材に応じ「今後調査しますの一点張りで、これまでの調査結果や具体的な手法の説明は何もなかった」と憤り、第三者委員会の設置を要望したことを明らかにした。

 群馬県教育委員会は遺族の意向を受け、第三者委を設置する方針。

 有紀さんは2月1日夜、前橋市の踏切で電車にはねられ死亡。自宅に残したメモには「ネットで悪口を言われている」などと記されていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス