政治

幼保無償化より待機児童解消を 子育て支援で参院公聴会

 参院予算委員会は12日午後、子育て支援をテーマに2019年度予算案に関する公聴会を続けた。有識者からは、幼児教育・保育の無償化よりも、待機児童の解消を優先するよう求める意見が出された。

 みらい子育て全国ネットワークの天野妙代表は幼児教育などの無償化について「女性活躍にはいいが、保育園に入れられない人がいる中で(無償化による入園希望者の増加は)追い打ちを掛ける」と指摘。「低所得者は既に無償なので、高所得者の優遇ではないか」とも批判した。


(共同通信)