政治

地村さん「元気な時に救出を」 首相に訴え「被害者も高齢化」

 安倍首相との面会後、報道陣の質問に答える地村保志さん=12日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は12日、北朝鮮に拉致され、2002年に帰国した地村保志さんと官邸で面会、北朝鮮に残されたままの被害者らの早期帰国を求める要望書を受け取った。地村さんは「家族はもちろんだが、被害者も高齢化しており、元気な時に救出しないと本当の意味での解決にならない」と訴えた。首相は「国民的な気持ちが高まることが重要だ。力を合わせて解決に結びつけたい」と表明した。

 地村さんは、拉致被害者5人の帰国につながった02年当時の小泉純一郎首相と金正日総書記の会談に触れて「安倍首相が(金正恩朝鮮労働党委員長と)直接会話をして、新たな突破口を開いてほしい」とも要望した。


(共同通信)