スポーツ

楽天、則本昂大は前半戦絶望的 右肘手術で全治4カ月

 楽天の則本昂大投手

 楽天は12日、則本昂大投手が11日に東京都内の病院で右肘関節鏡視下クリーニング手術を受け、全治4カ月と診断されたと発表した。前半戦の復帰は難しくなった。

 則本昂は2月下旬に首を寝違えてオープン戦を回避。3月に入って受けた検査で右肘に損傷が見つかっていた。

 則本昂は2013年に三重中京大からドラフト2位で入団。新人から6年連続で2桁勝利中で、最多奪三振のタイトルも14年から5年連続で獲得を続けている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス